日本企業の特徴とされた長期雇用と年功的賃金という仕組みは、戦後の復興と高度成長の推進力の一つとなった。しかし、1970年代初めに高度成長が終焉しても、それはなかなか変えられなかった。