1960年東京生まれ。84 年東京大学理学部数学科卒業。英オックスフォード大学 D.Phil. (経済学博士)。経済企画庁調査局内国調査第一課課長補佐、経済協力開発機構(OECD)経済局エコノミスト、日本銀行金融研究所研究員、経済産業研究所上席研究員を経て、2012 年から現職。日経スマートワーク経営研究会座長、経済産業研究所プログラムディレクターを兼務。内閣府規制改革会議委員(雇用ワーキンググループ座長、2013~16 年)などを歴任。主な著書に、『人材覚醒経済』(日本経済新聞出版、2016、第60回日経・経済図書文化賞、第40回労働関係図書優秀賞、平成29年度慶應義塾大学義塾賞受賞)、『日本経済のマクロ分析-低温経済のパズルを解く』(共著、日本経済新聞出版、2019)、『AIの経済学―「予測機能」をどう使いこなすか』(日本評論社、2021)などがある。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネス電子版に記事を最後に執筆した時点のものです。