1973年福岡県生まれ。早稲田大学人間科学部に入学、ラグビー蹴球部に所属。同部主将を務め全国大学選手権で準優勝。卒業後留学し、英レスター大学大学院社会学部終了。三菱総合研究所入社。2006年、早稲田大学ラグビー蹴球部監督に就任。2年連続で全国大学選手権優勝。2010年、日本ラグビーフットボール協会初代コーチングディレクターに就任。2012年より3期にわたりU20日本代表ヘッドコーチも兼務。2014年、企業のリーダー育成トレーニングを行う株式会社チームボックスを設立。2018年、コーチの学びの場を創出し促進するための団体、スポーツコーチングJapanを設立、代表理事を務める。

◇主な著書
新版 リーダーシップからフォロワーシップへ カリスマリーダー不要の組織づくりとは』(CCCメディアハウス) 2018
部下を育てるリーダーのレトリック』(日経BP) 2013
判断と決断 ―不完全な僕らがリーダーであるために』(東洋経済新報社 ) 2011

◇関連リンク
チームボックスホームページ
中竹竜二ホームページ
一般社団法人スポーツコーチングJapan

※このプロフィールは、著者が日経ビジネス電子版に記事を最後に執筆した時点のものです。