1993年米ハーバード大学卒業、2001年、米スタンフォード大学で心理学の博士号(Ph.D.)を取得。スタンフォード大学法学部客員准教授などを経て米マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院助教授、20年からゴードン・カウフマン教授兼仕事組織研究准教授。全米科学財団の支援で、交渉における主観的価値観の研究を切り開いた。現在は、交渉に主観的価値観項目(SVI)研究がもたらす影響の研究に携わっている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネス電子版に記事を最後に執筆した時点のものです。