1989年筑波大学大学院体育学修士課程修了。1978年第1回全日本女子体重別選手権大会で最年少優勝(13歳)。以後10連覇。世界選手権で4個の銀メダル。84年第3回大会で日本女子初の金メダル。88年ソウル五輪で銅メダル。翌年引退。シドニー五輪、アテネ五輪で日本柔道チームコーチ。日本バレーボール協会理事、日本サッカー協会理事、コナミホールディングス社外取締役、日本BS放送社外取締役。筑波大学で教鞭(きょうべん)をとる傍ら、JOC理事などとしてスポーツ全般の普及発展に努める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネス電子版に記事を最後に執筆した時点のものです。