株式会社エコノミクスデザイン共同創業者・取締役。2004年東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。博士(経済学)。名古屋大学大学院経済学研究科などを経て、慶応義塾大学経済学部教授、慶応義塾大学経済研究所所長。理化学研究所AIPセンター経済経営情報融合分析チームリーダー、行動経済学会会長、マーケティング・サイエンス学会理事なども務める。45歳未満の研究者に政府が授与する最も権威のある賞である日本学術振興会賞を受賞(2017年)。内閣官房・経済産業省・内閣府・総務省などでEBPM(証拠に基づく政策立案)やナッジの政策応用、政府統計の改善に関わる。NTTドコモ、マネーフォワード、サイバーエージェント、Yahoo!Japan研究所の技術顧問をはじめ、金融、流通小売、ネットサービス、広告代理店など多業種の顧問を務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネス電子版に記事を最後に執筆した時点のものです。