1966年愛知県名古屋市生まれ。一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得。経済学博士(2001年、一橋大学)。88年外務省入省、在ソ連(現ロシア)日本大使館書記官。2002年1月、一橋大学経済研究所講師、同准教授などを経て09年から現職。専門分野は移行経済論、経済体制論。これまでに200点以上の学術図書や雑誌論文を日本語、英語、ロシア語、ハンガリー語で刊行。ロシアや日本の学術機関から学術賞などを受賞。主要著作『法と企業統治の経済分析』(岩波書店、2016年、日本比較経営学会賞受賞)、編著書『比較経済論講義』(日本評論社、2018年)。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネス電子版に記事を最後に執筆した時点のものです。