MSの株価を見る限り、そうは考えられていないようだ。オープンAIがChatGPTを公式に公開した2022年11月30日の前日以降、MSの株価はほとんど上がっていない。経済が停滞し、MSのソフトやクラウドサービスへの需要が冷え込む恐れがある。そのため投資家は、あまりに多くある短期的な懸念材料に不安を募らせ、ナデラ氏がAIをもって描く遠い未来の約束に目を向けることができない。

 しかし、投資家は、使命感に燃えるナデラ氏の熱意を軽視すべきではない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1794文字 / 全文3449文字

日経ビジネス電子版有料会員なら

人気コラム、特集…すべての記事が読み放題

ウェビナー日経ビジネスLIVEにも参加し放題

バックナンバー11年分が読み放題

日経ビジネス2023年2月13日号 118~119ページより目次

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。