米民主・共和両党への支持は過去40年の間拮抗し、ごくわずかな差で政権や議会多数派が入れ替わってきた。その間、両党の支持層は大きく変化したにもかかわらず、結果として微妙な均衡状態が続く。その理由は謎だ。1980年代以後は、両党の党派的戦略が分断を固定化し、両党の差異を不明瞭にしている面がある。

 米連邦議会下院議長のケビン・マッカーシー氏(共和党)は、下院で共和党が多数派となったにもかかわらず、議長選出に必要な過半数の票を集めるのに非常に苦労した。米国の政治専門家たちが、こうなったことには一理あると考えたのは、驚きとまでは言わないが興味深い。

 マッカーシー氏は長年、党の根本的な責務を避けるようなまねをしてきたため、必要な票を少しばかり留保する意地悪を共和党議員がしてもおかしくはないと、少なくとも一部の政治家は考えていたようだ。

 だがそれだけでなく、この一件は一つの謎を浮かび上がらせた。以下でその謎について概説する。ただし、先に謝っておくが、この記事は謎の理由を解明するものではない。

 その謎とは、なぜ政党がいったん得た政権を維持するのがこれほど難しいのか、ということだ。誰もが知るように、米国は二極化している。しかしそのことは、なぜこれほど見事に半々に割れるかという理由を説明しない。

米国政治の分断は激しさを増している(写真=AFP/アフロ)
米国政治の分断は激しさを増している(写真=AFP/アフロ)

 米国の歴史を見ると、3度の短い期間を除けば、二大政党のどちらかが明白な多数派として統治してきた。だが現在は、両党が均衡状態にある。40年前にロナルド・レーガン氏が民主党の「ニューディール連合」を打ち破って以来、この状態が続いている。レーガン氏の前任のジミー・カーター氏以降、中間選挙後も上下両院を支配した大統領はいない

=原文のまま訳した

 米国で、選挙ごとに支持政党を変える州や選挙区、有権者はごくわずかだ。にもかかわらず、政権は絶えず交代し続けている。均衡状態が非常に微妙だからだ。米プリンストン大学で米国議会について研究するフランシス・リー氏は「米国の歴史上、このような時期は存在しなかった。正直に言って、現状は根本的に不可解だ。どちらかの政党を明確に支持する有権者がこれだけいて、それでも全米で足し合わせると半々になるというのは、どういうことだろうか」と首をかしげる。

 米国政治のてんびんの揺れは、選挙ごとに微妙になっていくようだ。現在、下院の議席は共和党がわずかに上回る。無党派のメディア「インサイド・エレクションズ」によると、この優位は1億700万票のうちの6670票によるものだという。

 わずかな得票の変化が重大な結果につながる。そのため選挙結果の予測は難しくなり、政策の振れ幅も大きくなる。2016年と20年の大統領選挙と20年の上院議会選挙では、得票が1%弱違えば反対の結果になっていたと考えられる。

支持層変わっても得票は同じ

 民主党は、選挙制度が同党に不利に作られていると主張する。04年の大統領選挙を最後に、得票率で民主党を上回った共和党候補がいない点を指摘する。また、民主党の上院議員は人口の多い州から選出される傾向があるため、全体として共和党より何百万も多くの票を集めている。

 しかし、選挙制度が民主党に有利に働いたこともある。22年の中間選挙では、共和党は議席数から考えられる数を上回る票を全米で獲得していた。大勝した選挙区で票の「無駄遣い」をしたためだ。

 人口の少ない州において上院の2議席を得られることが共和党に有利に働くことを認めるとしても、やはり最初の疑問に戻ってくる。なぜこうした力が作用した揚げ句に、ほぼ完璧に五分五分の結果になるのか。