護送船団方式は困難

 ウクライナや西側の政府関係者は現在、解決策を模索中だ。何より、黒海封鎖はロシア政府にとって、西側の制裁に対する強力な切り札となるからだ。

 海路での輸出に代わる方策の一つが鉄道だ。欧州連合(EU)は、ウクライナが今後3カ月で2000万トンの穀物を輸出できるよう支援する計画を立てている。しかし、ウクライナの鉄道と、国境を接するEU諸国の鉄道では、軌道規格が異なるという重大な障害が立ちはだかる。道路での輸送はというと、トラックと運転手、燃料、税関職員の不足が足かせとなる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1832文字 / 全文3345文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2022年6月6日号 70~71ページより目次

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。