上昇率はまだ3%に届かないが

 しかしながら今、多くの都市で住宅の価値が上昇している。これを背景に、住居費が小幅とはいえ着実に上昇を続けるなら、インフレ率が予想以上に長期にわたって高止まりすることを示すシグナルとなる可能性がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2390文字 / 全文3400文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。