米アップルはプライバシー保護の強化を図ろうとしているが、中国企業がそれをかいくぐる方法を開発している。端末識別IDをユーザーの許可を得ずに生成、広告に利用しようとしており、アップルはこうした動きに警告を発する。だが中国に対する締め付けを強化すれば市場を失いかねず、黙認すれば問題が他国に広がる板挟みに陥っている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3233文字 / 全文3312文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。