ユーザーのプライバシー保護をめぐって、アップルとフェイスブックが激しいさや当てを演じている。前者はプライバシー情報の保護を強める意向。後者はこれに対し、ターゲティング広告を難しくすると反論する。ただし、どちらも無私の動きとは言い難い。自らが選んだビジネスモデルを優位にする意図が垣間見える。

「社会的惨事」を警戒するクック氏(左)と、小企業が被る不利益を強調するザッカーバーグ氏(右)(写真=左:Eyevine/アフロ、右:picture alliance/アフロ)

 これまで、テックの巨人が別のテックの巨人を激しく非難することは滅多になかった。だが今、米アップルが米フェイスブックに対し厳しい攻撃を仕掛けている。

 アップルのティム・クックCEO(最高経営責任者)は1月28日の講演で、次のように問いかけた。「エンゲージメント率(投稿に対する閲覧者の反応)が高いというだけの理由で陰謀論や暴力的な扇動が(編集部注:SNS=交流サイト=上に)優先的に表示されるならば、どのような結果を招くだろうか」。そして声を張り上げた。「社会的なジレンマが社会的な大惨事になるのを許してはならない」

 名指しこそしなかったものの、クック氏がフェイスブックの姿勢を念頭に話していたのは明らかだ。米動画配信大手のネットフリックスが昨年制作しヒットさせたドキュメンタリー作品『監視資本主義:デジタル社会がもたらす光と影』(原題:The Social Dilemma)における描写に、フェイスブックは異議を唱えていた。

 クック氏の警告は、フェイスブックが米主要紙にアップルを批判する全面広告を掲載したことに対する反撃だ。

 アップルは近々、プライバシー保護に関するフレームワーク「app-tracking transparency(ATT)」を導入する予定。iOS(アップルのモバイル端末用基本ソフト)最新版のユーザーに対し、特定のアプリ、例えばフェイスブックがユーザーのデジタル活動全般を追跡するのを許可するか否かを問う。このためのポップアップ画面を表示させる。デジタル活動には他社のアプリ上やアクセスしたウェブサイト上での動きも含む。

 追跡を拒否するユーザーは膨大な数に上ると目されており、フェイスブックのみならず、恐らくは米グーグルなどアドテックビジネスに関与する多くの企業に多大な打撃を及ぼす公算が大きい。フェイスブックはこれに反対する姿勢を明らかにしている。

続きを読む 2/3 アップルもかつて追跡を重視

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1013文字 / 全文3410文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。