全3076文字

 米VCのクライナー・パーキンスでかつて働いていた周煒氏は、「C2C(Copy to China)」の時代は特に前途が明るかったと話す。C2Cの時代とは、中国企業が、成功している海外企業の事業モデルをコピーしていたころだ。米国のVCが中国市場に参入した05年からしばらくの間を指す。