全3076文字

米国の著名ベンチャーキャピタル(VC)、Yコンビネーターが中国市場からの撤退を決めた。2005年から15年ほど、米VCと中国スタートアップ(創業)はウィン・ウィンの関係にあった。しかし、中国のVCが力をつけた。資金力、人材、目利きのいずれにおいても米系VCに劣らない。

2019年は「冬」の時代
●中国におけるVC投資の規模
出所:PitchBook/The Economist

 米Yコンビネーター(YC)が2019年11月、北京で初めて「デモデー」を開催した。著名な投資家の関心を引こうと、20社余りの地元スタートアップが商品の売り込みにしのぎを削った。米シリコンバレー(SV)で最も著名なアクセラレーターである同社が中国に参入したことを強く印象づける機会となった。YCは米エアビーアンドビーや米ドロップボックスなどの立ち上げを支援したことで知られる。

 ところが、この数日後、YCは突如として中国からの撤退を表明した。

 新しい経営者の下で、SVでの事業に集中するという。これまで育成してきた中国のスタートアップは、YC中国部門を完全に現地化した「ミラクルプラス(奇績創壇)」が引き継ぐ。だが米中間の摩擦が激化する中で、この撤退は不吉な影を落とす。

 ミラクルプラスはSNS(交流サイト)上でこう発信した。「我々の使命は『中国の、中国による、中国のため』を実現することにある。現在の環境においてこれを実現するには、自分の運命を自ら操る力を持たなければならない」。これは、YCが18年、中国部門を立ち上げる時に登用した陸奇氏の言葉だ(同氏に取材を申し込んだが、断られた)。

 中国ではテック産業の成長が著しく、海外ベンチャーキャピタル(VC)は概して、事業の健全性を保っている。これに対してYCは、一見したところ、相反する運命をたどった。ライトスピード・ベンチャー・パートナーズやセコイア・キャピタルなど、SV発VC大手の中国事業は盛況である。後者が中国で実施した5回目の「成長」ラウンドの資金調達では前回の2倍、18億ドル(約1970億円)を集めた。

 中国の起業家たちは海外ファンドの目にとまることを願ってきた。米国での上場につながる最善の道とみられるからだ。

 さらに海外ファンドは、収益を上げるのに時間のかかる事業の支援にも中国系より積極的だと考えられている。ドル建てのファンドは、10年もしくはより長期の視点を持って資金を運用する(現在は海外VCも元建て資金を運用する。よって、出口戦略として中国本土の証券市場での上場も可能。ドル建てファンド以上に広範な産業に投資ができる)。これに対して元建ての投資家は往々にして5年間で収益を上げるよう求める。

 海外ファンドは資金だけでなく専門的な知識も提供する。海外進出に積極的なスタートアップに対しては特にそうだ。

 上海で活動するあるベンチャーキャピタリストは、中国での仕事はかつてはやりやすかったと振り返る。「国ではなく、起業家と直接やりとりすればよかった。我々は突然市場に参入し、いくつか案件をまとめて、そのまま去ることができた」

日経ビジネス2020年1月20日号 104~105ページより目次