全3604文字

中国の建国70周年パレードで、習近平国家主席は中国共産党の統治の歴史を都合よく塗り変えてみせた。毛沢東時代の悲惨な失敗も、鄧小平の改革開放の功績も消し去られ、天安門事件などなかったようだった。こうした歴史のわい曲は、国内政治に限ったものだが、危険なナショナリズムを生み出しかねない。

習近平国家主席は毛沢東時代の「失敗」に背を向け、美化することで自らの求心力を高めようとしている(写真=AFP/アフロ)

 10月1日に北京の天安門広場で行われた国慶節のパレードの中で、最も重要なのは、米国の全都市を射程に収める恐るべき新型核ミサイル「東風(DF)-41」のお披露目だった。ミサイルは、長安街の記者席に座る筆者の前をも通過したが、ほんの一瞬の出来事だった。

 いくつもの車輪に支えられた迷彩柄の運搬車が、轟音を響かせながら、習近平(シー・ジンピン)国家主席はじめ中国の指導者らが壇上に陣取る巨大な天安門に近づくと、スピーカーから説明が流れ始めた。

 誰が説明しているかは分からないが、その声は、この兵器のおかげで中国は抑止力を持ち、安全な平和を常に確保できるのだと語った。そして声はふいに詩的な調子を帯び、このミサイルを巨大な竜に例え始めた。普段は山奥や大海のかなたに潜んでいるが、いきなり大地を揺るがす打撃を加える竜なのだという。広場に並んだ、選ばれた観衆たちからは、ワーッと歓声が湧き上がった。

 この歓声からは、共産党が中国を治め始めてから70周年を祝うこのパレードに込められた、2つのメッセージがうかがえる。

 第1のメッセージは、中国はいかなる国にも容易に打ち破られないだけの兵器を保有しているということ。第2は、共産党がこれまでずっと、そして今もなお国民のために力を尽くしているおかげで中国は再び偉大な国になれた、ということだ。

 第2のメッセージを象徴するのが、パレードの半分を占めていた市民の行進だ。市民パレードの先頭を走る金色の無蓋バスには、中国共産党創設メンバーの子孫である「紅二代」や、共産主義のために命をささげた人々の子孫が乗っていた。その中には軍服に身を包んだ毛沢東の孫の姿もあった。