全2858文字

薄れる危機感

 もう一つの理由は、投資家心理が微妙に変化しているように見えることだ。この点はマイナス金利の原因がどう説明されるかに見ることができる。

 マイナス金利が初めて起きた時、投資家と経済学者はそのパターンが特異な出来事を反映したものだと仮定する傾向にあった。特異な出来事とは、例えば1997年のアジア通貨危機、2008年の世界金融危機、ユーロ圏の債務問題、そして中央銀行による緊急の(恐らく一時的な)緩和政策などである。