「ゼロコロナ」政策の転換により、人の移動など経済活動が正常化に向かいつつある中国。世界経済のけん引役として期待がかかるが、エネルギー需給などへの影響はどうなるのか。

 「連日満席になって涙が出るほどうれしいよ」。中国・上海市内で中華料理店を営む中国人男性は、足元の客足に笑顔を見せる。2022年12月上旬に新型コロナウイルスの完全封じ込みを狙った「ゼロコロナ」政策を大幅に緩和した中国。方針転換直後には感染が爆発した北京や上海などの大都市は「ゴーストタウン」の様相を呈していた。

 ただ23年1月に入ると都市部での感染は落ち着き、街中は「陽康」と呼ばれる感染から回復した人であふれている。上海で人気のショッピング街「淮海路」では、マスクを着用していない若者も多く見かけるほどだ。

 中国疾病予防管理センターの専門家は1月21日、人口の8割に当たる約11億人が感染したという分析をSNSに投稿するなど、中国は急速に集団免疫を獲得しつつあるようだ。劉鶴副首相は1月に開催された世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で、「中国でコロナの感染ピークは過ぎた」と勝利宣言した。

春節を前に旅客で混雑する北京の鉄道駅。「ゼロコロナ」が解除され3年ぶりの帰郷となる人々も多そうだ(写真=AFP/アフロ)
春節を前に旅客で混雑する北京の鉄道駅。「ゼロコロナ」が解除され3年ぶりの帰郷となる人々も多そうだ(写真=AFP/アフロ)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り680文字 / 全文1169文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題

この記事はシリーズ「欠乏経済 燃料も人も足りない」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。