会社が成長するためには、海外市場への投資が欠かせない。伸びる事業として期待できるのがEV(電気自動車)用電池の分野だ。米テスラのイーロン・マスクと向き合い、経営スピードの重要性を学んでいる。

 2022年11月、米中西部のカンザス州。抜けるような青空のもと、パナソニックエナジー(大阪府守口市)の社長兼CEO(最高経営責任者)の只信一生が、地面にスコップを刺した。テスラ車に搭載するリチウムイオン電池工場のくわ入れ式だ。

イーロン・マスク率いるテスラとの関係構築がパナソニックエナジーの最重要課題(写真=Pool/プール/Getty Images)
イーロン・マスク率いるテスラとの関係構築がパナソニックエナジーの最重要課題(写真=Pool/プール/Getty Images)

5000億円の大型投資

 テスラとの取引は、子会社にする前の旧三洋電機が06年、スポーツカー「ロードスター」に納めてから続いている。17年、米ネバダ州にあるテスラの工場、ギガファクトリーに約2100億円で電池の生産ラインを設けており、今回はテスラとの関係を見据えた第2弾として5000億円規模の資金を投じる。25年3月末までに、大きさの規格を数字で表してある円筒形電池「2170」(直径21mm、長さ70mm)の量産を始める。

 華やかなくわ入れ式だが、只信の胸中には危機感がある。「テスラの時間軸についていけなければ、いずれエナジーの価値はなくなるだろう」

只信 一生パナソニックエナジー社長兼CEO
只信 一生パナソニックエナジー社長兼CEO
技術畑を歩み海外勤務や本体のコーポレート戦略本部経営企画部長を経て2022年4月に現職(写真:山本 尚侍)

 只信は全社の経営企画部長などを経て22年4月、パナソニックエナジーのトップとなった。只信にとっても、テスラと取引する電池事業はグループ全体でも目を引くものだった。くわ入れ式のちょうど1年前、テスラの時価総額は120兆円に迫り、トヨタ自動車の3倍を超えていた。

 その企業価値の急成長を裏付けしていたのが、テスラの事業スピードだ。元パナソニック副社長で、その後テスラに転じた山田喜彦は言う。「テスラのスピードはパナソニックの10倍」。18年、初めての量産型となるEV「モデル3」の生産が間に合わず、屋外に巨大なテントを組み付けて生産ラインを造るという前代未聞の手法で乗り切った逸話もある。

 パナソニックグループにとって、マスクは最大の敬意を払わなければならない相手だ。22年9月、HD社長の楠見雄規と只信は、米国でマスクと会っていた。新型コロナウイルス禍で面会が閉ざされていたため、会うのは久しぶりだ。

 テスラは30年の世界生産台数を22年の15倍に当たる2000万台に増やす計画だ。面会では、パナソニックエナジーの今後の供給体制などを巡り、互いの目線を合わせた。エナジーは22年6月の時点で、23年3月期に年間50ギガワット時(GWh)の生産能力を29年3月期に3~4倍へ高める方針を示している。

 マスクは革新も求める。数カ月に1度、オンライン会議で話すというエナジー副社長兼CTO(最高技術責任者)の渡辺庄一郎は「届かないところに目標を置いてチャレンジしたり、リスクを取ること自体を目的にしたりする。かなり刺激を受けている」と話す。

米カンザス州でのくわ入れ式。テスラ向け電池の新工場で「2170」の量産を始める
米カンザス州でのくわ入れ式。テスラ向け電池の新工場で「2170」の量産を始める
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ 世界シェア、4位後退