Web3は個人情報を管理する国家やIT大手から、人々を解放する運動の旗印だ。中核技術「ブロックチェーン」を武器に、超大国である米国に立ち向かう者まで現れた。だが解放者が権力を握り、新たな支配者となることは珍しくない。歴史は繰り返すのか。

バグダッド郊外の上空を飛行する米軍の攻撃型ヘリコプター「アパッチ」(右)と、誤射する直前にアパッチの搭載カメラがとらえた標的の映像(左下)。映像はウィキリークスが入手・公開した(写真=左下:アフロ、右:U.S. Army/ロイター/アフロ)
バグダッド郊外の上空を飛行する米軍の攻撃型ヘリコプター「アパッチ」(右)と、誤射する直前にアパッチの搭載カメラがとらえた標的の映像(左下)。映像はウィキリークスが入手・公開した(写真=左下:アフロ、右:U.S. Army/ロイター/アフロ)

 2007年7月12日の朝、イラクの首都バグダッドで展開していた米軍の歩兵部隊が、敵対勢力から小火器やロケットランチャーで攻撃を受けていた。援護を要請された米軍の攻撃型ヘリコプター「アパッチ」が間もなく現場に飛来。「あそこにロケットランチャーを持ったやつがいるぞ」。乗員は交信しながら、地上にいる一団に機関砲を浴びせた。

 ところがロケットランチャーと思われた物体は、実はロイター通信の記者が手にしていた望遠レンズ付きカメラだった。そうとは気づかずに、アパッチの乗員はその後も執拗に機関砲を撃ち込み、記者を含む多数の民間人を殺傷した。

 それから15年──。内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・アサンジ氏は現在、英ロンドンの刑務所に収監されている。バグダッドでの米軍ヘリによる誤射をはじめ、米国政府にとって不都合な真実が記録された多数の国家機密を暴露した罪で、アサンジ氏は米司法省から起訴されている。目下の焦点は、英国政府が米国側に身柄を引き渡すかどうかだ。

Web3技術でアサンジ解放へ

法廷に向かう護送車の中から健在をアピールするウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジ氏(上)と、アサンジ氏の解放を訴える異母弟のガブリエル・シプトン氏(下)(写真=上:AFP/アフロ、下:AP/アフロ)
法廷に向かう護送車の中から健在をアピールするウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジ氏(上)と、アサンジ氏の解放を訴える異母弟のガブリエル・シプトン氏(下)(写真=上:AFP/アフロ、下:AP/アフロ)

 アサンジ氏の異母弟に当たるガブリエル・シプトン氏が今回、本誌の取材に応じた。アサンジ氏より11歳下のシプトン氏は、「兄ジュリアンの自由を求めて闘い続ける」と固い決意を口にする。シプトン氏が「世界最強の軍事力を持つ国家」と評する米国と闘うために手にする武器は、次世代インターネット「Web3」の中核技術である「ブロックチェーン」だ。

 ブロックチェーンは、ネットワークに参加する全員のコンピューターでデータを管理する、全く新しい発想のデータベース技術である。国家権力に屈しづらいとされる。権力者が圧力をかけようにも、その相手が広く分散していて、曖昧になっているからだ。ブロックチェーンを土台に開発された「暗号資産(仮想通貨)」の取引を、国家が阻止するなどといったことは困難だ。

 シプトン氏をはじめとするアサンジ氏の支援者は、訴訟費用を賄うために22年2月、仮想通貨での募金活動に乗り出し、瞬く間に5200万ドル(約73億円)相当を集めた。シプトン氏は「米国政府であろうと、仮想通貨には手出しできないことが改めて裏付けられた」と強調する。

次ページ 始まりはスノーデン氏の告発