Web3に関心はある。ただ、カタカナや造語や略語が多く、すんなりと頭に入ってこない。そうした方向けに、ビジネス界でこれからよく耳にするであろうバズワードを解説します。

 データを管理するブロックを1本の鎖のようにつないで、情報を記録する暗号化技術。取引の流れを記録する「デジタル台帳」として使われ、Web3の根幹を成している。ブロックごとに取引履歴を分散して保管し、新たな取引データを入れたブロックを時系列に連結する。改ざんしにくく、信頼性が高い。処理速度が遅いので大量のデータを同時に処理できない課題がある。

 1990年代からデジタル分散台帳のアイデアは存在し、2008年に謎の人物「サトシ・ナカモト」が公開した論文をもとにブロックチェーンを使った世界初の暗号資産「ビットコイン」が誕生した。

 語源は「しるし」「象徴」。紀元前の人類が家畜や農産物の数量を記録するために使った粘土の塊がトークンの始まりといわれる。デジタルマネーとして通貨や証券のような機能を持ち、権利証として扱われる場合もある。

 DAO(分散型自律組織)のようなコミュニティー内での投票権や利益還元を受けたり、サービスや商品を所有したりする権利が付くトークン、通貨のように決済に使えるトークンなど様々な種類がある。デジタルデータのIDを付けて世界に他に同じものがない希少性を証明したデジタル資産をNFT(非代替性トークン)と呼ぶ。

 Decentralized(分散)とFinance(金融)を組み合わせた造語で、金融機関が仲介や管理をしなくても、ブロックチェーン技術を使って個人同士が送金や決済、暗号資産の貸し借りができる仕組みを指す。取引履歴はブロックチェーン上に記録され、場所にも時間にも縛られずに即時取引できるのが利点。金融機関のサービスが行き届かない途上国でもネット接続環境があれば利用できる。一方、世界中で金融当局による監視が追いついていない課題がある。ハッキングや詐欺のリスクがあり、暗号資産の価格急落など資産価値が変動する可能性もある。