(写真=菊池 一郎)
(写真=菊池 一郎)
伊藤穰一[いとう・じょういち]氏
デジタルガレージ共同創業者、千葉工業大学変革センター長
ベンチャーキャピタリスト。デジタルガレージの共同創業者で、デジタル庁のデジタル社会構想会議の構成員。2011~19年に米マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ所長。ニューヨーク・タイムズ、ソニーなどの取締役を歴任。21年11月から千葉工業大学変革センター長。

 物に執着せず、環境問題などに強い関心を持つZ世代による社会変革と、ブロックチェーンという新技術の登場、インターネットの分散化。これらが同時並行で起こり、非中央集権的な方向性を目指すWeb3のムーブメントになっている。米国でヒッピーが盛り上がった1960~70年代のような文化的な側面もある。

 Web3の理念には、誰もが利用しやすい多様性を重んじ、公平な労働と資本の関係、SDGsや環境配慮など様々な要素が含まれている。

 Web3を支えるのがブロックチェーン技術だ。個人や組織が分散・自律的に動く経済圏を創り出すことができる。この経済圏はトークン(デジタル権利証)という価値が行き来する仕組みで、唯一無二性を証明するNFT(非代替性トークン)だけでなく、決済に使うペイメント、投票機能があるガバナンスなど様々なトークンがある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1564文字 / 全文2113文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「Web3の正体 始まった「デジタル独立運動」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。