きれいな波を守りたい

 「天然資源に恵まれた町なので、取り返しのつかない損失にならないよう皆が考えている。きれいな波を守りたい」。海陽町で特産の藍染め商品などを手掛ける永原レキさんは、暮れかけた空と透き通るほど澄んだ海を見つめて、こう語った。

藍染めしたサーフボードを抱える、海陽町の永原レキさん。美観で知られる海を守っていくには、水が流れ込む海部川の環境保全が重要だと語る
藍染めしたサーフボードを抱える、海陽町の永原レキさん。美観で知られる海を守っていくには、水が流れ込む海部川の環境保全が重要だと語る

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1536文字 / 全文2525文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「薄氷のエネルギー この冬を乗り越えられるか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。