現場リポート 編
きしむ街、人、制度 課題の現場を歩く

電力を巡って、日本各地でさまざまな問題が噴出している。市場原理の旗振り役、新電力の相次ぐ破綻と、それに伴う電気料金の高騰。環境問題の切り札と期待された風力やバイオマスなどの再生可能エネルギーは、費用負担や環境への影響などで賛否が分かれ、街の分断を招いている。原子力も核ごみ処分問題が未解決で、その受け入れを巡って北海道の街が揺れる。電力問題できしむ、日本各地の現場に記者が足を運んだ。

 JR新潟駅から南東へ車で約50分の新潟県阿賀野市。山あいの美しい田園風景のなかを進むと、赤色の三角屋根が特徴的な西洋風の建物が見えてきた。1976年創業の老舗遊園地「サントピアワールド」である。

年1800万円が約2倍に

 「電気代は昨年度、約1820万円だったが、今年度は約3580万円。値上げ額の桁が1つ違うのではないかと目を疑った」。サントピアワールドの高橋修園長はこう嘆息する。

電気代が約2倍となった遊園地「サントピアワールド」(新潟県阿賀野市)。新型コロナウイルス禍の影響も受けており、遊具・施設の老朽化も目立つ
電気代が約2倍となった遊園地「サントピアワールド」(新潟県阿賀野市)。新型コロナウイルス禍の影響も受けており、遊具・施設の老朽化も目立つ

 同園は2020年4月、新型コロナの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言で休園に追い込まれた。資金繰り悪化を救ったのがクラウドファンディング。窮状を訴えると約5500万円の寄付が集まり、事業停止という最悪の事態を免れた。

高橋修園長は「私たちは『思い出屋』。経営は苦しいが、知恵を出して何とか営業を続けたい」と語る
高橋修園長は「私たちは『思い出屋』。経営は苦しいが、知恵を出して何とか営業を続けたい」と語る

 ところが、今度は電気料金の高騰である。契約していたのは、安さが売りの新電力だ。アトラクションの維持だけでも年間3000万円ほどかかる。高橋園長は、4年ほど前から少しでもコストを下げようと、新電力会社に切り替えた。大手電力会社よりも2~3割安くなった。ただ、新電力は大手よりも価格が安い半面、市場の影響を受けて電気代が高騰するリスクがある。

 「ウクライナ危機以降、電気料金も1~2割上がるなら仕方がないと覚悟していたが、2倍になるとは考えてもみなかった」。高橋園長はこう肩を落とす。例えば、メリーゴーラウンドの電球を間引きするなどの対応をしたが、焼け石に水。7月から乗り放題チケットを一律400円値上げした。1割前後の引き上げとなる。これで電力によるコスト増をすべて吸収できるわけではないが、残りは節電など企業努力を続ける考えだ。

 綱渡りの経営が続いても、施設の老朽化に伴う補修などの投資は削れない。新型コロナの影響が続くなか、今回の電気代高騰は苦しい。だが、高橋園長は「遊園地は思い出づくりの場。ここには世代を超えた多くの記憶が詰まっている。園のともしびを消したくない」とこらえる覚悟だ。

次ページ ウクライナ危機がダメ押し