【先着500人に無料公開!】日経ビジネスは登録会員限定「無料開放」キャンペーンを実施中。評判の高かった特集記事を毎日1本ずつ、先着500名様に無料公開します。12月5日(月)~12月9日(金)は「イーロン・マスクの頭の中」特集です。

  1. ツイッター訴訟の舞台裏 真実を暴く策を立てた「黒幕」 12月5日(月)12時~(今回)
  2. すべては「人類を救う」ため 火星移住に全力疾走 裏で支える7人の侍 12月6日(火)12時~
  3. 「信仰者」が米国で急増中 熱狂×ユーチューブで拡散する「マスク教」  12月7日(水)12時~
  4. 異端のリーダーはこう生まれた 周囲を翻弄する「天使」と「悪魔」 12月8日(木)12時~
  5. マスク流リーダーシップ 「紙一重」の情熱が生むビジョンと現場主義  12月9日(金)12時~
米ツイッターの買収を巡り訴訟(写真=左:AFP/アフロ、右:AP/アフロ)
米ツイッターの買収を巡り訴訟(写真=左:AFP/アフロ、右:AP/アフロ)

 イーロン・マスク氏が米ツイッター買収を巡り相変わらずの「トリックスター」ぶりを発揮している。4月初旬に同社株約9%の所有を公表し、取締役就任を打診されるも辞退。その数日後に440億ドル(約6兆円)での買収を持ちかけ契約に至った。その半月後、偽アカウント数に虚偽があるとして契約を保留、7月8日に正式に契約撤回を同社に通知した。はしごを外されたツイッターは12日、契約通りの買収を求めて米デラウェア州の裁判所に同氏を提訴した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1888文字 / 全文2455文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「イーロン・マスクの頭の中」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。