【先着500人に無料公開!】日経ビジネスは登録会員限定「無料開放」キャンペーンを実施中。評判の高かった特集記事を毎日1本ずつ、先着500名様に無料公開します。12月12日(月)~12月16日(金)は「なぜ世界はEVを選ぶのか」特集です。

  1. 私がEVを買った理由 補助金と燃料高で「EVは安い」に現実味 12月12日(月)17時~
  2. EVシフト、もう一つの主役 脱炭素迫られる企業が「まとめ買い」 12月13日(火)17時~
  3. フォードの決断、VWの深謀 EV大量生産時代へ もろ刃の巨額投資  12月14日(水)17時~
  4. ボルボ、フェラーリ、VW、フィスカー トップが語る「我が社の選択」 12月15日(木)17時~
  5. ヒトモノカネを呼び込む 電池・データの巨大市場  12月16日(金)17時~(今回)

EVの未来に懸けているのは、何も自動車メーカーだけでない。宝の山を生み出す電池産業が、世界中のヒトモノカネを呼び込み始めた。産業構造の転換をクルマだけで捉えていては、未来のチャンスを失いかねない。

 世界一の電気自動車(EV)販売比率となったノルウェーで今、電池産業にイノベーションを起こそうとしている日本人がいる。フレイル・バッテリーで最高技術責任者(CTO)を務める川口竜太氏だ。

ノルウェーの新興電池企業「フレイル・バッテリー」で最高技術責任者(CTO)を務める川口竜太氏。およそ25年間、電池産業に関わる中で、量産の難しさを痛感してきた
ノルウェーの新興電池企業「フレイル・バッテリー」で最高技術責任者(CTO)を務める川口竜太氏。およそ25年間、電池産業に関わる中で、量産の難しさを痛感してきた

 フレイルは、自前で技術を開発せず、パートナーと共同で電池の量産を目指すというユニークなビジネスモデルを持つ。2018年の創業で、量産前にもかかわらず21年に米ニューヨーク証券取引所に上場。独フォルクスワーゲン(VW)も出資する米電池スタートアップ、24Mテクノロジーズと提携し、23年からノルウェーで定置用電池の生産を始める。その先に狙うのがEV用電池の量産だ。

 川口氏はなぜ、異色のビジネスモデルを持つフレイルを選んだのか。そのキャリアや選択の背景に、EV産業の問題点と可能性が表れている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4042文字 / 全文4852文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「なぜ世界はEVを選ぶのか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。