フォルクスワーゲン CEOアルノ・アントリッツ

固定費削減がEVシフトの資金源に。電池新会社のIPOも Volkswagen

[画像のクリックで拡大表示]

 EVシフトでは固定費削減が改革の資金源となる。フォルクスワーゲン全体の間接費は約400億ユーロ(約5兆5200億円)。これを10%削減する目標を掲げていたが、2021年末に達成し、年間40億ユーロを節約した。マーケティングや工場関連の費用を削減し、想定よりも利益の見通しが低いプロジェクト、特にICE車に関するものを停止した。

 我々は30年までに販売台数の50%以上のEVを販売する予定だ。エンジン車は利益率を落とさないため、モデル数を60%減らそうとしている。同時にEVモデルの数も増やしているところだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3013文字 / 全文4551文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「なぜ世界はEVを選ぶのか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。