東京を再起動させる「多様性の創出」「強みの再認識」「挑戦者の育成」。街づくりの担い手だけでなく、そこで活動する企業にも求められる要素だ。

 政治経済の中心として、全国から人を集め続けてきた東京の地位が揺らいでいる。国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口によれば、2030年代には東京でさえ住民が減り始める。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に結婚・出産が激減し、この予測も下ぶれが必至な情勢だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 かつては「東京一極集中」と批判され、その後は「全国を引っ張る東京」と期待されたが、その活力を維持できるかどうかの瀬戸際にある。こうした人口動態の変化を前提に、東京が「世界のTOKYO」としてこの先も健在であり続けるには何が必要か。特集から浮かぶのは3つの要素だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2280文字 / 全文2639文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「TOKYO再起動 衰退か、進化か」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。