経済安全保障推進法が成立した。しかし、その内容は政省令待ちで不透明なままだ。データ保護や人権をめぐる制裁など論争を招く案件は先送りされた。推進法は歴史的な一歩だが、日本の経済安全保障政策を取り巻く課題は目白押しだ。

岸田首相(右)は、経済安全保障推進法の制定を看板政策とした(左は小林大臣)(写真=読売新聞/アフロ)
岸田首相(右)は、経済安全保障推進法の制定を看板政策とした(左は小林大臣)(写真=読売新聞/アフロ)

 「いかなる状況にあっても、国民の命と暮らしを経済面から守り抜く。そのための重要な一歩を踏み出せた」。小林鷹之・経済安全保障担当大臣はこう語って胸を張った。

 2022年5月11日。この日は将来、日本の戦後史を語る上で欠かせない日の一つになるかもしれない。「経済安全保障推進法案」が参院本会議で可決され成立。日本の行政はこれまで、産業政策と安全保障政策を別個に扱ってきたが、この日初めて「両者が重なる部分」に踏み込んだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1588文字 / 全文1916文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「経済安保とは何か 分断する世界で生き残る知恵」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。