【先着300人に無料公開!】日経ビジネスは登録会員限定「無料開放」キャンペーンを実施中。評判の高かった特集記事を毎日1本ずつ、先着300名様に無料公開します。1月10日(火)~1月13日(金)は「量子の世紀」特集です。

  1. 量子技術を社会実装へ 周回遅れの日本 逆転への布石は打たれた 1月10日(火)12:00~(今回)
  2. 図解で分かる、基礎から学ぶ量子技術 「0」と「1」の概念を超え飛躍的に伸びる性能 1月11日(水)12:00~
  3. 高度な計算、高速処理がビジネスを一変 先駆者たちは始めている 活用事例で見えた効果 1月12日(木)12:00~
  4. 米中が量子覇権争い IBMやアリババも参戦 日本は独自性で存在感を 1月13日(金)12:00~

岸田内閣の看板政策「新しい資本主義」で量子が科学技術投資の筆頭に挙げられた。重視するのは量子技術の社会実装。具体的な成果を上げてさらなる投資を呼び込む。先行する米中に乗り遅れまいと、政官民一丸となって巻き返しに動き出した。

量子未来社会ビジョンで掲げられた社会実装のイメージ
量子未来社会ビジョンで掲げられた社会実装のイメージ
6月7日に開かれた「経済財政諮問会議・新しい資本主義実現会議合同会議」に出席した岸田文雄首相。国家戦略として量子技術開発が明記された(写真=左:共同通信 写真=右:ZUMA Press/アフロ)
[画像のクリックで拡大表示]

 岸田文雄首相が掲げる「新しい資本主義」のグランドデザイン(全体構想)と実行計画が6月7日に閣議決定された。重点投資4本柱の一つである「科学技術・イノベーションへの重点的投資」のなかで、聞き慣れた「AI(人工知能)」を抑え、筆頭に挙げられたのが「量子技術」だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6028文字 / 全文6639文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「量子の世紀 革命に乗り遅れるな」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。