「100円の限界」越すダイソー

[画像のクリックで拡大表示]

 東京・銀座。高級ブランドが軒を連ねる日本随一の繁華街に2022年4月、100円ショップ「ダイソー」が進出した。大型商業施設「マロニエゲート銀座2(旧プランタン銀座本館)」の6階。ダイソーに加え、300円ショップの「スリーピー」、新業態の「スタンダードプロダクツ」が同じフロアに集結した大創産業(広島県東広島市)初の「3枚看板店」である。

 必見は、スタンダードプロダクツのコーナーだ。まるでインテリアショップを思わせる趣で、1100円(税込み、以下同)の包丁が売れ筋だという。刃物産地として名高い、岐阜県関市の職人が手作りした本格派だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3236文字 / 全文4558文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「絶望物価 負のスパイラルが始まった」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。