下町銭湯に若者が列

 JR錦糸町駅から徒歩7分。下町情緒漂う街の一角にたたずむ銭湯に、若者が次々と吸い寄せられる。約90年の歴史を持つ黄金湯(東京・墨田)だ。サウナも併設しリニューアルした20年、人気に火が付いた。

 土日には予約があっという間に埋まり、サウナ前には行列もできる。客数を明らかにしていないが、21~22年3月までは20年比、月平均で4~6倍客数が増えたといい、客層の約6割を20~30代が占める。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5313文字 / 全文7046文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「サウナのすゝめ 人も企業も「ととのえる」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。