【先着300人に無料公開!】日経ビジネスは登録会員限定「無料開放」キャンペーンを実施中。評判の高かった特集記事を毎日1本ずつ、先着500名様に無料公開します。1月16日(月)~1月20日(金)は「伊藤忠の下克上」特集です。

  1. 成り上がり伊藤忠 負け癖を払拭した岡藤流「逆張り×統率」 1月16日(月)17時~
  2. データこそ資源 伊藤忠、「デジタル群戦略」で挑む 1月17日(火)17時~
  3. 財務で見る商社3強 資源依存の三菱・三井 伊藤忠は「コツコツ型」 1月18日(水)17時~
  4. 建機、電池……成長の種は現場に 伊藤忠は「総合」再定義できるか 1月19日(木)17時~
  5. 伊藤忠卒業生のエール「経営者が自然に育つオオカミの集団であれ」 1月20日(金)17時~
  6. 伊藤忠商事・岡藤会長CEO「慢心すれば、一瞬で落ちる」 1月20日(金)17時~(今回)

2021年3月期、利益・株価・時価総額で三菱商事、三井物産、住友商事を超え「3冠」達成。万年4位とされた伊藤忠商事の業績を業界トップに押し上げたが、「敵は慢心」と自戒する。トップ就任から12年。後継者についても語った。

(聞き手は 本誌編集長 磯貝 高行)

(写真=陶山 勉)
(写真=陶山 勉)
PROFILE

岡藤正広[おかふじ・まさひろ]氏
1949年12月、大阪府生まれ。74年に東京大学経済学部を卒業し、伊藤忠商事に入社。2006年専務、09年副社長を経て、10年4月に社長。繊維部門が長く、海外駐在経験がないままトップに就いた。18年4月から代表取締役会長CEO(最高経営責任者)。任期中に時価総額を約5倍に引き上げた。

伊藤忠商事はバブル崩壊後に経営危機に見舞われ、三菱商事、三井物産、住友商事に続く「万年4位」といわれていました。今、業界首位を争うまでに成長した要因はどこにあるのでしょうか。

 そんなにはしゃぐほどのことではないでしょう。我々が(最終利益で)商社トップを争うようになったのはここ7~8年のことです。それまでは大きな損を出して、それが解決したらまた大きい損をつくって。社長になる前から「なぜ伊藤忠は大きな問題を繰り返すのか」と思っていました。皆もそう思っていたんですよ。

 だから過去を反省し、教訓にしなければならない。社外取締役や(なりたての)執行役員にも、伊藤忠が今の状態になったのはつい最近のことだと言っています。今朝も1時間かけて意識を共有しました。はしゃいでいると同じことを繰り返しますよ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6076文字 / 全文7132文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「伊藤忠の下克上 三菱・三井に勝つ「デジタル商人道」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。