多様な分野に人材を輩出している点も、伊藤忠商事の一つの特徴だ。現在は企業トップとなったOBに、人を育て続けるために何が必要かを聞いた。

(写真=陶山 勉)
(写真=陶山 勉)
[画像のクリックで拡大表示]

伊藤忠商事のOBの皆さん、お集まりいただきありがとうございます。まず、伊藤忠での経験が今の仕事にどう生きているかを教えてもらえますか。

浅田慎二 One Capital CEO(以下、浅田):財務のトレーニングから始まり、シリコンバレー駐在時代は米国のスタートアップへの投資などを行いました。帰国後はメルカリなどへの投資を担当し、こうした経験は創業したベンチャーキャピタルの仕事に大きく役立っています。

川口典孝 コミックス・ウェーブ・フィルム社長(以下、川口):僕も2年間経理部門に配属されました。宇宙・情報部門を希望していたので最初はふてくされていたんですが、現在身を置くエンタメ業界では決算書を読める人材は珍しくて、とても役に立ちました。

岡田英之 リブルーCEO(以下、岡田):私も最初の2年は予実管理を担当し、その後、当時子会社だったエキサイトに出向してスマートフォン向けサービスの開発に従事していました。苦行的なところもありましたが、決算書の基礎が身に付き、契約書もスクラッチで書こうと思えば書ける。最初に決算業務を担当させるのは、ビジネスの仕組みやどうお金が流れているかを学ばせる目的だと思います。

皆さん退社されたのは、「自由にやりたいことができない」場所だったからですか。

浅田:そうではないですね。内定当時、先輩が力説していたのが、当時手掛けていたアイスクリームの事業です。なぜか情報・産業部門で。「この会社、何でもできる会社だ」と思ったんですよ。

次ページ 本社には「現場」が少ない