戦国時代の中で生き残るにはどうすればいいのか。答えを出そうとしているのがライフコーポレーションだ。「便利よりも楽しい」に振り切った旗艦店で、新しいスーパー像を模索している。

 スーパーはこの先、どうあるべきか。一つの方向性を示した店舗が2022年4月15日、東京・恵比寿に誕生した。ライフコーポレーションの新たな旗艦店「セントラルスクエア恵比寿ガーデンプレイス店」だ。恵比寿三越の跡地だけあって注目度は高い。

 「スーパーマーケット4.0というべき、新しいお店をつくりたい」。岩崎高治社長は、これからの市場を展望してこう語る。4.0とはすなわち第4世代のことだ。1953年、紀ノ国屋から始まった日本のスーパーの歴史。2000年に西友が日本初のネットスーパーを開業して第2世代を迎え、オーガニック系食品スーパーが台頭して第3世代に突入したと岩崎社長はみる。描こうとしているのは、その先のスーパーの姿だ。

ライフコーポレーション 岩崎高治 社長
ライフコーポレーション 岩崎高治 社長
(写真=都築 雅人)

既存店があっても大繁盛

 「セントラルスクエア」はライフにとって特別な業態である。1号店は13年、新大阪駅近くに開業した西宮原店だ。コンセプトは、日々の買い物を「便利」から「楽しい」へと変えること。そのために、ライブキッチンで生魚の対面販売を実施したり、毎日の献立を提案・発信する「クッキングスクエア」を設けたりと、活気や温かみのある売り場をしつらえた。

 当時、周辺には半径2km以内にライフが4店舗もあった。近くにこんなに既存店があってやっていけるのか。業界では先行きを懸念する声も少なくなかったが、今や当初目標の年商40億円をはるかに上回り、70億円程度の大繁盛店になっている。

 通常、ライフを訪れるのは半径1~2km圏内の住民が中心だ。しかし、セントラルスクエア西宮原店の来店客は半径10kmに及んでいる。「ちょっと遠いけど、特別な日にはセントラルスクエアに来てくださるお客様が多い」(岩崎社長)という。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1177文字 / 全文1986文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「スーパー戦国時代 大再編を生き抜く知略」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。