「セブン-イレブン」を立ち上げ、コンビニを日本に定着させた鈴木敏文氏。経営の第一線から退いて6年近くたった今、セブン&アイHDをどう見るのか。「完成形はない」。消費者に合わせて変わり続けることの重要性を説く。

<span class="fontBold">鈴木敏文[Toshifumi Suzuki]</span><br />1932年長野県生まれ。63年にヨーカ堂(現イトーヨーカ堂)に入社し、73年にヨークセブン(現セブン-イレブン・ジャパン)創設。78年に社長。2005年セブン&アイ・ホールディングス会長兼CEO就任。16年に退任し名誉顧問に就任。(写真=的野 弘路)
鈴木敏文[Toshifumi Suzuki]
1932年長野県生まれ。63年にヨーカ堂(現イトーヨーカ堂)に入社し、73年にヨークセブン(現セブン-イレブン・ジャパン)創設。78年に社長。2005年セブン&アイ・ホールディングス会長兼CEO就任。16年に退任し名誉顧問に就任。(写真=的野 弘路)

 セブン-イレブンを率いた“カリスマ”鈴木敏文氏。89歳となった今も、セブン&アイ・ホールディングス(HD)の本社近くに構えた執務室に毎日顔を出しているという。巨大流通企業の未来について聞くと、静かな口調でコンビニの「原点」から語り始めた。

 セブン-イレブン・ジャパンを立ち上げる時はまず、「コンビニ」とは何だろうと考えるところから始めた。やはり「コンビニエンス」、つまり「便利」な店だよね。言葉は米サウスランド(現・米セブン-イレブン)からもらったけれども、向こうのやっていることとは関係なしに、日本における「便利」とはどういうことか、とずっとやってきたわけ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2278文字 / 全文2685文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「セブンの覚悟 カリスマ後のコンビニ回帰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。