<span class="fontBold">コンビニサイズの「イトーヨーカドー」(左)。背後には一般客は入れない1000坪超の「売り場」が広がる</span>(写真=2点:都築 雅人)
コンビニサイズの「イトーヨーカドー」(左)。背後には一般客は入れない1000坪超の「売り場」が広がる(写真=2点:都築 雅人)

 ところ変わり、JR西日暮里駅から北に歩くこと5分。ここには日本で一番小さな「イトーヨーカドー」の店舗がある。総合スーパーを30坪ほどのコンビニ店舗のサイズに圧縮したようにも見えるが、さにあらず。この店舗はいわば“出島”。背後には延べ床面積で1000坪を超える「目に見えないスーパー」が広がっている。

 「ネットスーパー西日暮里店」(東京・荒川)。イトーヨーカ堂が展開するEC(電子商取引)に特化した「ダークストア」だ。屋内は総合スーパーの店舗そのもの。値札が付けられた日用雑貨や食料品が陳列棚にずらりと並び、取り扱う品目は約8500に上る。ただ、店内には一般の買い物客がいない。制服を着た従業員が注文を受けた商品をピックアップし、梱包済みのものをベルトコンベヤーに乗せていく。その行き先は配送車。委託先の事業者が、店舗のある荒川区を中心に西は練馬区、南は目黒区まで東京23区中14区に配送する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2709文字 / 全文4417文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「セブンの覚悟 カリスマ後のコンビニ回帰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。