「課題に目を向け、改善を」

<span class="fontBold">鈴木氏の後を継いで経営トップに就いた井阪氏には、抜本的な改革を求める外部からの圧力が強まっている</span>(写真=共同通信)
鈴木氏の後を継いで経営トップに就いた井阪氏には、抜本的な改革を求める外部からの圧力が強まっている(写真=共同通信)

 お家騒動の内幕を見せるような異例の記者会見から約2週間後、セブン&アイHD社長への就任が決まったのが、鈴木氏から退任を迫られていた井阪氏だった。「鈴木敏文元会長が築き上げた変化への対応をベースとした単品管理の思想に、さらに磨きをかけていく。一方、課題にも目を向け、改善していかないといけない」。16年10月、社長就任から約4カ月後に開催した中期経営計画(通称「100日プラン」)の発表会見に臨んだ井阪氏はこう決意を述べた。

 セブン-イレブンのほかに、スーパーの「イトーヨーカドー」「ヨークベニマル」、百貨店の「そごう」「西武」、ファミリーレストランの「デニーズ」、専門店の「ロフト」「アカチャンホンポ」、アパレル通販の「ニッセン」などを抱えるセブン&アイHD。鈴木氏がつくり上げた巨大な流通コングロマリット(複合企業)は、異なる事業同士の相乗効果を狙った「オムニチャネル」戦略では一敗地にまみれていた。「カリスマからの卒業」という大きな宿題が井阪氏の眼前に横たわっていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2337文字 / 全文4235文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「セブンの覚悟 カリスマ後のコンビニ回帰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。