この記事は日経ビジネス電子版に『「中興の祖」ランキング』(2021年12月29日、22年1月17~21日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』1月24日号に掲載するものです

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

 理想をいえば、企業の経営は右肩上がりが望ましいが、浮き沈みがあるのが現実だ。むしろ逆風に見舞われたときにこそ、その企業と経営者の真価が問われるともいえる。難局を乗り越えて再び企業を成長軌道に乗せた人物が中興の祖とたたえられるのは、人々がその経営者の優れた才覚を認めた証しだ。

 コマツの坂根正弘氏はその典型例といえる。IT(情報技術)バブル崩壊の余波で史上初の赤字に直面する中で社長に就任し、日本企業の中でいち早くデジタルトランスフォーメーション(DX)を果たした。

危機こそ改革のチャンス

 経営危機は、構造改革を受け入れる機運が高まっているという意味ではチャンスでもある。従来の構造にメスを入れるには、課題意識が何よりも大切だ。そのため、主流派とは違った視点を持つ傍流出身が中興を成し遂げるケースも多い。創業家の三男で入社以来一貫して冷や飯食いだった武田薬品工業の武田国男氏、主力の空調部門ではなく人事総務畑を歩んだダイキン工業の井上礼之氏らがそうだろう。

 非主流派の人材が企業再生の立役者となる事例を踏まえて、国際大学の橘川武郎副学長は「中興の祖にはややとがった人が多い。主流派以外の人材もきちんと処遇して、プランAだけでなくプランBも用意しておくのが望ましい」と提案する。もちろん、両者の選定基準はきちんと区別しておく必要がある。

 トヨタ自動車は、このプランAとプランBを使い分けることで、巡航速度を保っているケースだろう。「石橋をたたいても渡らない」ともいわれる社風の同社にあって、世界初の量産ハイブリッド車(HV)「プリウス」を世に送り出した奥田碩氏の3代後の社長には、創業家の豊田章男氏を据えた。

 法政大学ビジネススクールの米倉誠一郎教授は「プリウスにぐっと振って、トヨタはどこへ行くのだろうと、バラバラになりそうな時に章男氏を起用して求心力を高めた」と評する。

 章男氏は社長人事発表の記者会見で、「自動車業界が21世紀も必要とされるのか、今が瀬戸際」と危機感を表明した。橘川氏によれば「トヨタの経営者はいずれも、危機を共有して改革機運を醸成することにかなりのエネルギーを費やす」という。異なる出自の人材を使い分けるのと合わせて、疑似的に中興を演出し続けるのがトヨタの知恵といえそうだ。

 「これからの時代は中興の祖が常に社長にならないといけない」──。早稲田大学ビジネススクールの入山章栄教授はこう指摘する。従来の日本企業では中興の祖は偶然の賜物(たまもの)だったが、先の読みにくい激動の時代にあっては、組織として意図的に中興の祖たる人材を育てることが必要になる。

次ページ 暴走はガバナンスで阻止