この記事は日経ビジネス電子版に『「どうやって私を特定する?」個人情報で知っておきたい5つの疑問』(12月1日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』12月13日号に掲載するものです

<span class="fontBold"><span class="fontSizeL">鎌田 博貴</span>氏<br />インターネットイニシアティブ(IIJ)<br />ビジネスリスク コンサルティング本部 副本部長</span>
鎌田 博貴
インターネットイニシアティブ(IIJ)
ビジネスリスク コンサルティング本部 副本部長

Q1 そもそも個人情報とは?

 個人情報と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。名前、年齢、性別、住所、電話番号、勤務先のどれが個人情報に該当すると思いますか。

 日本を含む世界の多くの国々では、個人情報は「識別され得る個人に関する情報」と定義されています。同姓同名の方がいる場合もありますが、名前は基本的に特定の個人を識別できるため個人情報になります。

 一方で、同じ年齢や性別の人はたくさんいますし、住所や電話番号だけを見て個人を特定するのは難しい。これらは名前という個人情報と組み合わせて、特定個人を識別できる場合に限り、個人情報に該当します。

 では、ブラウザーで閲覧したウェブサイトの履歴はどうでしょうか。日本の法規制では個人情報とは見なされない一方で、欧州連合(EU)などは個人情報だとして規制対象にしています。

Q2 どうやって個人を特定する?

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1621文字 / 全文2109文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「私の知らないネット上のワタシ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。