アップルによれば、「ヘイ、シリ」と呼びかけなければシリは作動しないことになっている。だが録音データに含まれていたのは夫婦げんかや見ている映画の音、自身が患うがんのこと、性行為……。こんなときに「ヘイ、シリ」と言うはずがない。

 作業画面を切り替えると、録音されたデバイスに保存されている音楽や映画、連絡先の名前や電話番号、位置情報まで表示された。こんなものを自分が見ていいのか。

 ここまで説明するとルボニエックさんは、もう1枚の画像を見せてくれた。19年4~6月期に処理すべき録音データの進捗表だ。「場所」の欄には国と言語が並んでいた。「ドイツでドイツ語」「オーストラリアで英語」……8番目には「日本で日本語」とある。日本では9件を除き、71万6379件が処理済みだった。

 ルボニエックさんの我慢に限界が来たのは、小児性愛者らしき人物の会話を聞かされた時だ。上司に相談すると、「あなたたちが希望する音声だけを用意することなどできない」と突き放された。

 「アップルは個人を特定できない状態でデータを保管しているというが、名前や電話番号など複数のデータがあれば特定できる。社内には別に音声内のキーワードをiPhoneの他のデータと結びつける部隊がいた。会話内容を広告につなげるためだと思った」(ルボニエックさん)

 自分が見て、聞いた事実を世界中の人が知る権利がある。ルボニエックさんは仕事を辞め、いくつかの証拠を手にフランスに戻った。欧州の主要メディアに情報を流し、その後、名前と顔も公表した。

 過熱する報道を受け、アップルは19年8月28日、こう釈明した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2599文字 / 全文4040文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「私の知らないネット上のワタシ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。