5~6年前からリスキリング制度の導入が一般化してきた米国企業。コロナ禍をきっかけに人材不足が深刻化し、その役割も変化を遂げてきた。リスキリングは「社員の再教育」に加え「人材獲得手段」になっている。

<span class="fontBold">米ウォルマートは2016年から社内で大学のような教育を施すプログラムを提供してきた。卒業式も本物さながら</span>
米ウォルマートは2016年から社内で大学のような教育を施すプログラムを提供してきた。卒業式も本物さながら

 米アマゾン・ドット・コムが8月下旬から、1本のTVコマーシャルを繰り返し流して話題になっている。タイトルは「ミート・アーネスト(アーネストさんに会ってください)」。その内容はこうだ。

 フィリピン出身のアーネストさんはアマゾンの倉庫に勤務していた2016年、兄弟を亡くし、その数年後に母をも亡くした。心のよりどころを失っていた彼を救ったのが、アマゾンの再教育プログラム「アマゾン・キャリア・チョイス」だった。アーネストさんは倉庫で勤務しながら会社から補助金を得てヘルスケアの勉強をし、医師や看護師の補助をするメディカル・アシスタントになった。

 アマゾンは、将来は自社にとどまってくれないと分かっていても従業員のキャリア形成のためなら資金を提供する──。CMはその寛大さをアーネストさん目線でつづっている。

 広告効果分析会社のiSpotによると、同社はこのCMに放映中の単独CMとして2番目に高い広告費の4340万ドルを費やした。また25年までに合計12億ドルを社員のスキル向上に充てると宣言している。

<span class="fontBold">アマゾンでは先輩から製造設備などの技術やノウハウを伝授してもらえる「徒弟制度」のような仕組みがある。技術を習得すると設備管理などを任される</span>
アマゾンでは先輩から製造設備などの技術やノウハウを伝授してもらえる「徒弟制度」のような仕組みがある。技術を習得すると設備管理などを任される

 なぜアマゾンはここまで大胆に従業員のキャリア形成にカネを投じるのか。それは、そこまでしないと人材獲得が難しい現実があるからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1043文字 / 全文1663文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「DX人材の作り方 リスキリングで成長再び」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/