「補助金目当て」との批判も

 ところが、事業構造転換は苦難の連続だった。洋上風力発電に投資する間、キャッシュを稼ぐはずだった化石燃料事業の収益が急速に悪化していたのだ。電力価格が低迷し、天然ガス事業も赤字だったため、12年12月期から4期連続で最終赤字を計上する。負債が膨んで財務状況が悪化し、経営危機に直面した。

 悪いことは重なる。12年には欧州の債務危機で各国が緊縮財政を進めており、洋上風力発電への優遇措置を削減する動きが強まっていた。それまで1メガワット時(MWh)当たり160~200ユーロの発電コストだったが、100ユーロまで下げなければ採算が取れない状況になっていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6253文字 / 全文8425文字

【初割】月額プランが3月末まで無料

人気コラムも、特集もすべての記事が読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「グリーン敗戦 450兆円市場を奪い返せ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。