チェスや将棋では人間はAIにかなわない。あらゆるゲームでAIに負ける世界が到来する。ゲーム産業は仮想世界を現実と融合させる「メタバース」を次の成長領域とみる。「遊びをせんとや生まれけむ」。人間の本質とどう向き合うかが問われている。

 今、ネット麻雀ファンの間でひときわ注目を集めるユーザーがいる。

 名前は「Suphx(スーパー・フェニックス)」。2019年3月にオンライン麻雀(マージャン)「天鳳」に参戦して、6月に最高位である10段に上り詰めた。プロ雀士も含まれる33万人のユーザーの中で、当時10段を認定されていたのは12人しかいなかった。

 その実力を証明した3カ月後、スーパー・フェニックスはネット麻雀から姿を消した。そして20年12月、再び天鳳に参戦したのだ。

 正体は米マイクロソフト(MS)が中国・北京に置くリサーチ部門が中心となって開発したAI(人工知能)だ。1度は引退したスーパー・フェニックスを復帰させた理由について、MSは「アルゴリズムを更新するためだ」と明かす。

チェス、将棋、囲碁では勝てない

 米IBMが開発したスーパーコンピューター「ディープブルー」が、旧ソ連が生んだ世界最強のチェスプレーヤー、ガルリ・カスパロフ氏に6番勝負で勝ち越したのは1997年。相手から取った駒を使えることからさらにルールが複雑とされる将棋では、2015年に情報処理学会が「コンピューターがトッププロ棋士に追いついた」と宣言。17年に佐藤天彦名人をAI「Ponanza」が打ち負かしたことでそれを証明した。

 19×19という広い盤面を持つ囲碁の攻略は、力任せの演算を得意とするコンピューターといえども苦手とされてきた。ところが16年、米グーグル子会社のAI「アルファ碁」が韓国のトップ棋士を撃破。17年に中国のトップ棋士にも連勝したことで、AIが人間を抜き去ったことがはっきりした。

 「たかが遊び」に、世界のビッグテックが本気で取り組むのはなぜか。「ルールが決まっているゲームという世界が、コンピューターの技術を磨く環境としてうってつけだからだ」と、AIに詳しい東京大学の松原仁教授は解説する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り933文字 / 全文1836文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日本勢は「ガラゲー」か? ゲーム進化論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

経営から技術まで、脱炭素の最先端が分かる
ウェビナー開催【視聴無料】


日本でもあらゆる産業でカーボンニュートラル(脱炭素)を強く意識した動きが加速しています。日経BPではこうした新しい経済潮流をテーマに、日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所の共催で、11月25日(木)から4週にわたってオンラインセミナー「ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン ~日本企業はどう取り組むべきか~」を開催いたします(視聴無料、事前登録制・先着順)。

詳細・申し込みは下記のリンクからお願いします。

■12月2日開催分のお申し込み

■開催概要

ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン
~日本企業はどう取り組むべきか~

日時:2021年11月25日(木)~、全4回開催
会場:Zoomを使ったオンラインセミナー
主催:日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所
Partner:アーサー・ディ・リトル・ジャパン、GE、
シーメンス・エナジー、住友林業、ダイヘン、J-POWER、
東芝三菱電機産業システム、東京ガスグループ
受講料:無料 ※事前登録制(先着順、開催日ごとの登録が必要)