仮想空間に臨場感をもたらすゲームエンジンを活用する企業が相次いでいる。竹中工務店はビルの設計や管理に活用し、デンソーは自動運転関連技術の検証に用いる。移り気な消費者を飽きさせないゲームの「魔力」は、日常生活にも深く浸透し始めた。

[画像のクリックで拡大表示]

 薄暗い廃虚の中、よけても倒しても次々と襲いかかるゾンビ。時速300kmでスポーツカーを操り、抜きつ抜かれつのレースを展開──。実生活では不可能な体験を味わえるのがゲームの醍醐味だ。精緻なCG(コンピューターグラフィックス)を駆使して仮想空間に臨場感を生み出してきた「ゲームエンジン」が、逆に現実世界を変え始めた。

 竹中工務店などは7月、大阪・天満橋に「コモングラウンド・リビングラボ」をオープンした。コンセプトは「ゲームエンジンの能力を最大限に発揮すること」(情報エンジニアリング本部の粕谷貴司課長)。実はここ、同社の未来を占う「世界初の実験場」(同)なのだ。

 延べ床面積230㎡超の室内に多くのカメラや高性能センサー「LiDAR(ライダー)」を設置し、空調・照明設備の稼働状況なども収集する。こうしたデータを3Dの設計図「BIM」と組み合わせ、リアルタイムで建物の状態を仮想空間に再現する。いわゆる「デジタルツイン」と呼ばれる仕組みだが、汎用的なゲームエンジンを用いて実現するのが竹中の特徴だ。

 例えば人流の分析。プレーヤーの行く手を遮るゾンビをゲーム内に登場させるように、自由に障害物を配置できる。目的地を認識して自動的にマップ上を移動するのも得意技だ。設計段階で使えば、混雑を回避する最適な通路幅や入り口の配置などを検討できる。

 竣工後も活躍する。ゲームエンジン上で照明などを直感的に遠隔制御するのはお手の物。仮想空間上で来訪客の動線などを分析しつつ、最適なテーブルや照明の配置を検討したり、消費電力の削減に向けてシミュレーションしたりできる。「スーパーシティ」構想との連携も容易になる。

 人口減少時代を迎えた日本。建設需要の長期的な減少傾向は目に見えている。ゼネコン各社は建物を「作る」だけでなく、その後の維持・管理・更新までをビジネスにすべく動く。竹中も2030年には建設以外の事業で売上高の約1割を稼ぎ出したい考えだ。その際、ゲームエンジンを使ったデジタルツインは武器になる。建設業界に特化した高価な不動産管理ソフトなどを使わずとも、「圧倒的に安く、早く」(粕谷氏)仮想空間に現実を再現できるためだ。

 ゲームエンジンはもともと、ゲーム会社が自社内での開発を効率化すべく独自に手掛けてきた。ただ、21世紀に入って「アンリアルエンジン」「ユニティ」など優れたゲームエンジンが外販され始めた。ゼロからプログラムを書かずとも、レベルの高いゲーム開発技術を活用できるようになった。

続きを読む 2/3 自動運転技術の検証に活用

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2494文字 / 全文4009文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日本勢は「ガラゲー」か? ゲーム進化論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

経営から技術まで、脱炭素の最先端が分かる
ウェビナー開催【視聴無料】


日本でもあらゆる産業でカーボンニュートラル(脱炭素)を強く意識した動きが加速しています。日経BPではこうした新しい経済潮流をテーマに、日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所の共催で、11月25日(木)から4週にわたってオンラインセミナー「ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン ~日本企業はどう取り組むべきか~」を開催いたします(視聴無料、事前登録制・先着順)。

詳細・申し込みは下記のリンクからお願いします。

■12月2日開催分のお申し込み

■開催概要

ゼロカーボノミクスを勝ち抜く経営ビジョン
~日本企業はどう取り組むべきか~

日時:2021年11月25日(木)~、全4回開催
会場:Zoomを使ったオンラインセミナー
主催:日経ビジネス、日経クロステック、日経BP総合研究所
Partner:アーサー・ディ・リトル・ジャパン、GE、
シーメンス・エナジー、住友林業、ダイヘン、J-POWER、
東芝三菱電機産業システム、東京ガスグループ
受講料:無料 ※事前登録制(先着順、開催日ごとの登録が必要)