この記事は日経ビジネス電子版に『創業104年のTOTO、歴代トップが受け継ぐ初代社長からの手紙』(8月11日)、『自己都合退職は53年で3人、「飛び込み営業禁止」の保険代理店』(8月12日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』8月16日号に掲載するものです

創業者の思いを伝え続ける企業もあれば、日々社風を変え続ける企業もある。いかにして良い社風を生み出し、維持していくのか。100年超の歴史を持つご長寿企業に、良い社風の極意を学ぶ。

<span class="fontBold">TOTO初代社長(中央のパネル)の言葉を引き継いだ17代目の清田徳明社長</span>
TOTO初代社長(中央のパネル)の言葉を引き継いだ17代目の清田徳明社長

 1通の手紙が、その後100年以上続く企業の社風を形づくった。2020年にTOTOの17代目トップに就いた清田徳明社長は、今年4月に示した新たな中期経営計画の資料の冒頭に、その手紙の文言を配置した。

 「どうしても親切が第一」「良品の供給、需要家の満足が掴むべき実体です」「利益という影を追う人が世の中には多い」──。

 これらの言葉はTOTO初代社長の大倉和親氏が後継者の2代目社長に宛てた手紙に書かれたものだ(文面は以下)。実物は現存していないが、1917年創業のTOTOの歴代トップは100年以上もの間、この言葉を念頭に置いて経営のかじを取り続けた。

<span class="fontBold">TOTO初代社長の大倉和親氏が2代目社長に送った言葉</span>
TOTO初代社長の大倉和親氏が2代目社長に送った言葉

 「初代が残した手紙の存在や内容は歴代社長だけでなく、社員全員が知っている。OBやOG、そしてすべての社員が私の立ち振る舞いを見ている。独善的になっていないか、常に自問自答している」と清田社長は語る。

 企業の目的は利益の追求にある。だが利益だけを追い続けると、その実体を捉えきれずに企業の寿命も尽きてしまう。「私の代で結果が出なくてもよい。現時点の舞台回しを評価するのは後世のお客様だ」(清田社長)。こうした声は、清田氏だけが発しているわけではない。前社長の喜多村円会長も、社長時代の決算会見などでは「今の利益は先代や先々代がまいた種があったから」という言葉を何度も口にしていた。

続きを読む 2/4 社会が求めるなら赤字でも継続

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4116文字 / 全文5057文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「良い社風、悪い社風 不祥事の根源か、改革の妙薬か」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/