この記事は日経ビジネス電子版に『事業を“デッサン” コンサルも自治体も美大生にラブコール』『「プランA」をやり抜く 行動力で群抜く防衛大』『企業は入学時の偏差値より「学習歴」を見よ 昭和女子大・坂東氏』(7月29~30日、8月4日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』8月9日号に掲載するものです。

社会が求めるスキルを身に付けているという特徴は、高専出身者だけのものではない。デジタル時代に即したサービスをデザインできる思考を持った美大出身者。さらに練習や鍛錬を武器に「やり切る力」を持つ音大、防衛大出身者と、意外な即戦力がいる。

<span class="fontBold">アクセンチュアはデザイン人材の採用を強化。日本コカ・コーラの「Coke ON(コーク オン)」(下)のような、消費者接点のよりよい構築法を考える</span>(写真=Horacio Villalobos/Getty Images)
アクセンチュアはデザイン人材の採用を強化。日本コカ・コーラの「Coke ON(コーク オン)」(下)のような、消費者接点のよりよい構築法を考える(写真=Horacio Villalobos/Getty Images)

 コンサルティング大手のアクセンチュアは、東京大学の学生にとって人気の就職先だ。就職口コミサイト、オープンワークの「2022卒東大生が選ぶ、就職注目企業ランキング」で2位となっている。

 だが、アクセンチュアに注目しているのは高学歴の学生だけではない。

 同社は2020年春、デジタルマーケティングを担うインタラクティブ本部を新設した。企業が商品・サービスを提供するときの消費者との接点構築が主な事業領域になる。

 同本部の中心的役割を担うのはデザイナーだ。コンサルタントやIT(情報技術)エンジニアと一緒になって、顧客企業の課題解決を目指す。同本部の佐藤守シニア・マネジャーは、デザイナーに求めることをこう説明する。

 「人々が気づかない価値や課題に気づくこと。それをカタチにしたり、解決したりすること。そんな力を持った人材を求めている」。背景にあるのは「顧客体験をより豊かにする新事業のコンセプトを練ったり、新ブランドを創ったりするなど、消費者の心をつかむサービスをデザインする必要性が高まっている」ということだ。

続きを読む 2/8

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6950文字 / 全文8016文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「学歴ダイバーシティー 高専、美大、高卒に脚光」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。