産業史に残る歴史的な転換になるのか。2020年、欧州でEVとPHVの販売が急増し、世界最大の市場となった。各国の支援に欧州各社は新車ラッシュで応え、21年も販売は伸び続けている。日本の基幹産業はエンジン車からEVへのシフトに、どう対応すべきなのか。欧州が官民 一体となって狙うEV覇権。その全貌に迫った。

(ロンドン支局 大西 孝弘)

CONTENTS

※この特集は日経ビジネス電子版のコラム「大西孝弘の『遠くて近き日本と欧州』」で展開しているシリーズ、「沸騰・欧州EV」を再編集、加筆したものです。詳しい内容は電子版の記事もご参照ください。
日経ビジネス2021年8月2日号 26~27ページより目次