3カ月かけて全社説明会

 企業が脱炭素時代を生き抜くには、経営トップが目指すべき長期目標を明らかにし、それを実現するためのマネジメントの仕組みを構築することが不可欠だ。日立製作所はこの点で先端を走る企業と言えるだろう。

<span class="fontBold">日立製作所の東原敏昭執行役会長兼執行役社長兼CEO(最高経営責任者)は2020年5月、30年度までに炭素中立を達成すると宣言した(写真左)。20年度に炭素中立を達成した日立ハイテク関連事業所(写真右)。</span>
日立製作所の東原敏昭執行役会長兼執行役社長兼CEO(最高経営責任者)は2020年5月、30年度までに炭素中立を達成すると宣言した(写真左)。20年度に炭素中立を達成した日立ハイテク関連事業所(写真右)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3932文字 / 全文5215文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「エネルギー維新 イオン、京セラ、花王が走る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。