デジタル化にグローバル化、そしてコロナ禍。激動の時代を過ごす企業が、変化に強く、自立した人材を求め始めた。それは、これまでの人材活用の反省でもある。もはや日本型の長期雇用を前提とする「金太郎あめ」のようなやり方は通用しない。社員の個性を生かしながら力を発揮してもらう会社のあり方とは。人材活用の「ニューノーマル」を追った。(写真=ULTRA.F/Getty Images)

(武田 安恵、佐伯 真也、橋本 真実)

CONTENTS

日経ビジネス2021年5月17日号 24~25ページより目次